| HOME PAGE|前.のTopic |次のTopic | メールでのご注文はこ.ちらからどうぞ|

Today's topic No. 411
  2020/08/12


 1969年にフラット&スクラッグスを解散、アール・スクラッグス・レビューがデビューするまでの間、47歳のアール個人名義で1971年に発表された幻のバンジョーインスト集。

 





●BGOCD-1420 EARL SCRUGGS『Nashville's Rock / Dueling Banjos / TheStoryteller & The Banjo Man /Top Of The World』2CD(本体\2,750-)\3,075-

Disc One:(NASHVILLE’S ROCK)Honky Tonk Women/Hey Jude/Something/Train Number Forty-Five
In The Gloryland/With A Little Help From My Friends/Nashville Skyline Rag/Everybody’s Talkin’/Love Is Just A Four Letter Word/Loraderojosp III Breakdown/Bridge Over Troubled Water/(DUELING BANJOS)String Bender/Peking Fling/Black Mountain Blues/Just Joshin’/Dueling Banjos/Lonesome Ruben/John Hardy/Flint Hill Special/Randy Lynn Rag/Fireball Mail

Disc Two:(THE STORYTELLER AND THE BANJO MAN)Song Of The South/Shackles And Chains/The Engineers Don’t Wave From The Trains Anymore/Don’t This Road Look Rough And Rocky/Lonesome Valley/Roll In My Sweet Baby’s Arms/There Ain’t No Country Music On This Jukebox/A Lover’s Farewell/Don’t Give Your Heart To A Rambler/Dim Lights, Thick Smoke (And Loud Loud Music)/No Expectations/(TOP OF THE WORLD)Sittin’ On Top Of The World/We’ll Meet Again Sweetheart/Could You Love Me (One More Time)/Love Gone Cold/Lindsey/Carolina StarTill The End Of The World Rolls Around/Paradise/Lay Me Down In Dixie/Roller Coaster全42曲

 当時、このポップなロッキンサウンドには散々な評価だったが、バンジョーのトーン、そしてアール独特のメロディの取り方(スリーフィンガーとの折り合い)が学べる。

 当時17歳の息子ランディのほか、ナッシュビルのスタジオ・ミュージシャンと女性ソウルボーカリストたちに囲まれたアールが、当時のロックヒット曲を次々と演じる。

 見事なスリーフィンガーでの"hey Jude"、トラッドゴスペルが美しい大地を感じさせ"In the Gloryland"、そして最後にオーケストラとの生指単音弾き"Bridge Trouble Water"など、アールのバンジョー天国。

 続いて73年アール・スクラッグス名義のバンジョー・インスト集。

 ブルーグラスを創ったその一人が、こだわりなくロックとの共生を模索している姿勢、確かにロールは絶頂期には及ばないが、それ以上に、そのゴールデン・トーンと音を創ろうとする指先に込められた衝動は学ぶべきだろう。

 ランディ・スクラッグス(g)他、絶頂期のバッサー・クレメンツ(f)とジョッシュ・グレイブス(d)の3人が目一杯フィーチャーされているのも嬉しい。

 今回、初CD化となる82年作のトム・T・ホールと共演の『TheStoryteller & The Banjo Man』、今回初CD化となる83年作『TOP OF THE WORLD』ではロドニー・ディラード、リッキー・スキャッグス、レイシー・ダルトン等が参加、印象的なバンジョーインスト"Roller Coaster"も聞き物。
  ☆☆ビー・オー・エム・サービス(御注文は:TEL 0797-87-0561:FAX0797-86-5184:E-MAIL order@bomserv.comにて承ります。☆☆